Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーサイト

2017.04.18 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

三脚整備大作戦。

2014.07.20 Sunday


お気軽「散歩カメラ」が自分の撮影スタイルだったけれど、最近ちょっと飽きが来てしまった。

生活の場をこちらに移してから、感じたものになかなかカメラを向けることができない。

周囲との関係性が希薄で、まだ遠慮をしているのだと思う。

そんなこともあって、これまでとは違った写真を撮ってみようと思うようになった。

狭い部屋を見渡すと、普段使わないお座敷三脚が4本もある。これを使わない手はない。

というとで、三脚整備大作戦が始まった。

三脚本体(脚)は問題ないが、古臭い雲台をアルカスイス互換のボールヘッドに交換。

同時に、三脚と雲台のネジ径をサイズ変換アダプターで1/4インチに揃えた。

ネジ径を揃えたことで、三脚と雲台の組み合わせは自由自在になる。

カメラ毎のレリーズとストーンバッグ・三脚ベルトも揃った。

カメラを三脚に載せて、手振れ補正をOFFにして・・・と只今部屋の中でシミュレーション中。

部屋の中でも楽しいですが、そろそろ夏空や夜景の撮影に出かけたいですね。





総決算。

2013.01.23 Wednesday


デジタルカメラにほぼ移行した2006年からの総決算をしてみた。

購入総額は100万円也。下取り充当額や、先日の売却分を差し引いた支払総額は70万円。

これをこれまでの77ヵ月で割ると1ヶ月1万円に満たなかった。

手持ち機材の支払は済んでいるし、これからも使い続ければ、その額はさらに安くなると思う。

デジカメを使い始めてからでは93ヶ月なので、7,526円が正しいのかもしれない。


フィルム時代ならリバーサル5〜6本で1万円は終わってしまう。感材費の他にも当然カメラも買い換えてきた。

しかし、この1ヵ月1万円をどう考えるかだ。

正直、今の自分には1ヵ月に1万円もの大金を趣味に充てることなど不可能だ。

外食はしない。酒は外では飲まない。タバコも吸わない。衣服はジーユー。車はケイ。スマホなどは持たない。

でも、これらは生活信条なので全く苦にならない。


そんな人間のカメラ趣味なので、決して高価なカメラを買うこともないし

しびれるような写りをする高級レンズを買うこともない。

購入するのは、いつも決まって安くなった型落ちモデル。

「カメラが趣味です。」と言えるようなものはほとんどない。

では、何故こうも散財を繰り返してしまったのだろうか?

実は、これが分かっていればこんなことにはならないわけで・・・。


そこで、少し頭を冷やして考えてみた。

デジタルカメラの出現でライフサイクルが短くなり、すぐに陳腐化してしまうようになった。

それなのに価格の安さにひかれて型落ちモデルを買うものだから、購入後すぐに飽きてしまう。

また、安く買った分だけ下取りも安く、差し引きするとあまりお買い得ではないことが多い。

安い型落ちモデルを買うのは、使い倒す覚悟がある場合だけにすべき。と思う。

しかし、またお値打ち価格の型落ちモデルを目にするとつい・・・の繰り返しだ。


次に、販売店の下取りシステム。このシステムに罠が待っている。

下取りなら買取り価格の10%プラス・・・。それじゃ〜こいつを下取りに出して・・・となる。

これを新しいモデルや、新しい型落ちモデル?が出るたびに繰り返していくと

多額の購入差額を支払い続けていくことになる。

カメラは一世代飛びでも十分なはず。と思う。


さらに極めつけは、必要のないカメラまで買ってしまうこと。

レンズ交換をしないですむからとか、色違いが欲しいとか、安いからとかの理由をつけて

同じカメラをもう1台買ってしまう。自分の場合はほとんどがこれ。

正直、カメラなんて1台あれば用が足りると思っているのに

購入した理由さえ覚えていないカメラもあったりするわけで・・・。


そんなことで、「最後には何も残らない。」が結論です。




ドンケ。

2012.12.01 Saturday


FM-2なんかで良く使っていたので、ずいぶん長く使っているF-5XB。

小型で使い勝手がいいので、ネイビーも購入した。

その後、デジタル一眼レフを使うようになってからは

サイズが小さくてあまり使っていなかった。

ところが、小型のマイクロ4/3を使うようになると、俄然活躍の場が増えた。

世の中、明日のことなどわかりませんね。





功罪。

2012.10.25 Thursday


ライトルーム4を導入して、ちょっとモニターのキャリブレーションをしてから

以前撮影したカットを見返してみると、いままで気にならなかったノイズが見えてきました。

特に目立つのがK-7。K-7は、K-5と比べたらかわいそう?と思いきやK10Dのほうがずっとノイズが少ない。

明るいところで低感度なら大丈夫・・・と思っていたのに、やはりノイズが目立ちます。

自分が使用してきたカメラの相対的な比較なのだけれど、E-PL1sやE-PL2も結構気になります。

同じセンサーを使っていると思われるGF3のほうが、はるかにノイズが少ない・・・。

ん〜、何とも罪作りなライトルーム4とカラーモンキーであります。




誤算。

2012.09.30 Sunday


ライトルーム4の体験版もあと少し。そろそろソフトウェアの購入に踏み切ろうとすると

乗換え/特別提供版専用パッケージというのがある。

該当するソフトもないので通常版か???

もしかして・・・あるではないですか。ペイントショップ・プロが。

使えないソフトがここで使えるとは。

アマゾンの「アドビ製品」と「お好きな本」を一緒に買うと1,000円引きキャンペーンを利用して

乗換え版を購入後、ペイントショップ・プロのシリアルナンバーで無事申請完了。

一緒に買った本が「オリンパスOM-Dワークショップ」。また罠にはまってしまった。