Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーサイト

2017.04.18 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

コントロールリング。

2015.06.01 Monday


XZシリーズの一番の売りが、このコントロールリングだと思う。

AVモードでは絞りリングになるので、小さなダイヤルやボタンを操作しなくて済む。

自分は、これだけで十分満足。

ただ、XZ-2とXZ-10では改善されているが、XZ-1だけがリングの回転方向を設定できない。

旧ニコン派の自分としては、操作方向が逆で少し戸惑うことになる。

まぁ、XZ-1を使う時には、旧コンタックスユーザーに戻ればいいわけで。





スポンサーサイト

2017.04.18 Tuesday

関連する記事
コメント
〜 raisukeさん〜

 こんにちは。

 オリンパスは、小型化のために思い切ったダイヤル配置をしますね。

 やっぱり、医療器メーカーだなと思います。
〜ハンドル職人さん〜

 こんにちは。

 XZは、モードを変えるとリングの機能も変わります。

 Aモードでは絞り、Sモードではシャッタースピード、PモードではISO感度か

 プログラムシフトといった具合です。

 少し使わないと、忘れますけどね(笑)。
こんにちは。

オリンパスはOM1のときにすでにそこにシャッターダイアルを配置してましたね。

先見の明ですよね。

発想力が豊かだったんだなあと思います。
こんにちは!

コントロールリングに絞りを割り当てできるのはとても便利ですよね!
ちなみに自分のRX100はズームリングとして割り当てて使っています。(汗)
もう一台望遠のきく高級コンデジが欲しい今日この頃です。(笑)!
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL